ホーム > 松山純子のブログ > 脳出血による症状固定で障害基礎年金1級が決定された事例

お客様事例

脳出血による症状固定で障害基礎年金1級が決定された事例

相談者  S.Tさま     傷  病  名: 左被殻出血による四肢麻痺 年金制度と等級: 障害基礎年金1級 請  求 の 方  法: 障害認定日請求 年     齢: 57歳 就  労 の 有  無: 無 & […]

続きを見る »

  • 2021.06.21

精神障害で障害基礎年金2級が決定された事例

■相談者 30代男性 病名:統合失調症 結果:20歳前障害基礎2級   <依頼者の状況> 初診日は22歳で、保険料は1か月も納付していないため、保険料納付要件を満たしていないため、手続きはできないと、年金事務所 […]

続きを見る »

  • 2014.09.09

リウマチで障害基礎年金2級が決定された事例

■相談者 40代女性 病名:リウマチ 結果:障害基礎2級   <依頼者の状況> ステロイドホルモン製剤等で治療していたが両手、両肘、両膝、両足関節の変形が進行。痛み等で重いものが持てず、買い物や洗濯などの日常生 […]

続きを見る »

  • 2014.06.06
このページの先頭へ