ホーム > 松山純子のブログ > 精神障害で障害基礎年金2級が決定された事例

精神障害で障害基礎年金2級が決定された事例

■相談者

30代男性

病名:統合失調症

結果:20歳前障害基礎2級

 

<依頼者の状況>

初診日は22歳で、保険料は1か月も納付していないため、保険料納付要件を満たしていないため、手続きはできないと、年金事務所等で言われてしまいどうしたらよいか、という状況。

 

 

<受任から請求まで>

20歳前に初診日があることがわかれば、保険料を納付していなくても障害年金を受給することができます。

相談者は、初診日は22歳と記憶していましたが、ヒアリングの結果20歳前に初診日があることがわかりました。

当時の病院は廃業していたためカルテもなく、初診日の証明を見つけることに奮闘しましたが、当時の主治医を見つけることができ20歳前に受診していたことを証明していただき、無事に手続きを行いました。

 

<結果>

請求手続きを行い3カ月弱で、無事に障害基礎年金2級の決定されました。当初は請求自体ができないと言われ諦めかけていましたが、無事に支給決定されることができホッとしました。

このページの先頭へ